このページの本文へ移動
  • ホーム
  • お問い合わせ
  • 新明和工業株式会社
  • グループ一覧
ITAC
アイタック株式会社
Language
  • 日本語
  • English
文字サイズ
  • 小
  • 標準
  • 大
  • サイトマップ

ご注意事項

このコンテンツに掲載している内容は発表日現在の情報です。
これらの情報は最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

2017年

2017年1月 ホームページをリニューアルしました。

2014年

2014年4月1日 薄膜・表面改質事業の事業譲渡契約締結のお知らせ (PDF) PDFが開きます

2012年

2012年6月19日 訃報です。
アイタック株式会社創設以来、約6年間監査役をお引き受け頂いた、梶田文夫様が平成24年6月14日に他界されました。ご葬儀などに関しましてはご家族のご要望でお伝えを控えさせて頂きます。梶田様は、旧、海軍経理学校最終年度ご卒業、海軍少尉で終戦、その後、東京大学法学部をご卒業後、長らくコマツ殿に勤務、コマツブラジル立ち上げにご尽力なさったと伺っています。御定年後、ノートン株式会社で嘱託をされ、そこで弊職は梶田様の知遇を得ました。ノートン時代も、そこを離れた後も、分野、立場、年齢は異なりましたが、業務実行には、そのご経歴からも明らかなように非常に厳しい監査役として、しかし、業務を離れては、非常な愛情を持って私を支えて頂き、今日のアイタック株式会社、また、弊職を育てて頂きました。アイタックのほぼ最初のお客様が、偶々コマツ殿で、梶田様は契約時に立ち会われ、旧御同僚と再会を喜ばれたことなどが今も脳裏に焼き付いています。 どうぞお静かにお休み下さい。有り難うございました。
合掌 植村賢介
2012年4月7日 New publication
"Influence of ion source configuration and its operation parameters on the target sputtering and implantation process".
Review of Scientific Instruments. K. V. Shalnov, V. R. Kukhta, K. Uemura, and Y. Ito. PDF PDFが開きます
Copyright (2012) American Institute of Physics. This article may be downloaded for personal use only. Any other use requires prior permission of the author and the American Institute of Physics.
2012年2月10日 New publication
"Consideration on Surface Modification of Steel Dies to Reducing the Plastic Sticking in the Forming Process".
Tribology online. K. V. Shalnov, V. R. Kukhta, K. Uemura, and Y. Ito. PDF 外部サイトへリンクします
Copyright © 2012 by Japanese Society of Tribologists.
Abstract 外部サイトへリンクします

2007年

2007年9月2日 第10回「気体放電プラズマ及びその応用」に関する国際会議への招待状が届きました。
2007年2月26日 「第40 ISTC ジャパンISTC、ロシアの高度な科学技術に関するワークショップ」が、2007年2月26日にアイタック株式会社の本社(豊島区北大塚)で開催されました。4人のロシア人とCIS科学者達による、金属表面処理と改良の分野での最近の発達と業績における発表が行われました。
このワークショップには、主要な製造業の会社の研究者や、日本の主要学術研究機関の教授が聴衆者として参加されました。これまでアイタックの本社にて、3つのワークショップを主催しており大変光栄に思っております。

2005年

2005年7月11日 東京都豊島区北大塚のアイタック(株)本社においてISTC主催第35回ロシア先端科学技術に関するISTC Japan Workshopが開催されました。6名のロシア・CIS科学者がロシアにおける材料技術における最近の進歩について発表を行いました。当社においては2004年に続いて2回目の開催となります。

2004年

2004年12月12日 東京都豊島区北大塚のアイタック(株)本社においてISTC主催ロシア・CIS金属表面処理技術第33回日本ワークショップが開催されました。8名のロシア・CIS科学者が金属表面処理の最新技術や最近の進歩について発表を行いました。
 なお、ISTC(国際科学技術センター)は、ロシア・CSIの科学者及び研究機関の業績(PDF) PDFが開きますを広く世界に紹介する役目を担っており、弊社も同センターのパートナーとして登録されております。