このページの本文へ移動
  • ホーム
  • お問い合わせ
  • 新明和工業株式会社
  • グループ一覧
ITAC
アイタック株式会社
Language
  • 日本語
  • English
文字サイズ
  • 小
  • 標準
  • 大
  • サイトマップ

ISTC主催ロシア・CIS金属表面処理技術第33回日本ワークショップ

1. ニコロス・ヤラバゼ博士
(トビリシ市、グルジョワ工科大学内共和国構造科学センター)
「複合材料の腐食及び電気化学的挙動を測定する方法並びに装置」
「炭化チタン系新規超硬合金」

2. ニコライ・P・バリキン教授
(ウファ市、ロシア科学アカデミー金属超塑性問題研究所)
「耐摩耗性研削材及び減摩材」

3. イゴール・N・ガリツキー博士
(国立セントペテルスブルグ工科大学科学技術学部副部長)
「鋼・超硬合金系新規複合材料」
「強度の高い回収チタン」

4. ゲナディ・E・レムネフ博士
(トムスク市、トムスク工科大学高電圧研究所)
「高出力イオンビーム処理と切削工具の耐摩耗被覆との複合技術」
「パルス状電子ビームによって開始される非平衡プラズマ化学反応を用いたナノ分散酸化物の合成」

5. レオニード・S・ベレフスキ教授
(マグニトゴルスク市、マグニトゴルスク工科大学教授)
「表面被覆の密度、強度及び密着性の増加による金属製品の耐食性の改良」
「大型部品の特殊表面処理による新規嵌め合い法の開発」

6. アナトリー・V・ボチコ博士
(モスクワ市、バイコフ冶金材料研究所)
「耐摩耗・耐衝撃性超硬材料の合成」

7. ユーリ・A・プストフ博士
(モスクワ市、国立モスクワ鉄鋼合金研究所)
「クロム不含マイクロプラズマ酸化法によるマグネシウム合金の保護被膜形成」

8. セルゲイ・L・フィノゲノフ博士
(モスクワ市、国立工科大学モスクワ航空研究所ロケットエンジン部門上級研究員)
「エンジン部品のスペクトル選択性皮膜の検査法」